円の歴史

皆さんに一番馴染みのある通貨は日本円だと思います。円が誕生したのは明治4(1871)のことです。円が誕生する前の日本では、「両」が通貨として使われていて、1円は1両と同じと定められました。

また、当時の政府は金本位制度を採用し、円とドルのレートは、金の価値に基づくと1ドル1円となっていました。しかし、事実上は銀本位制度となっていて、戦争などが相次いだこともあり財政難のため金と交換できない紙幣が乱発されました。そのため、インフレが進み、円は1ドル2円まで低下します。その後、本格的に金本位制度を始まったことにより相場にも安定がみられたものの、太平洋戦争直前には1ドル4円まで落ち込んでしまいました。

そして、戦争勃発で円とドルは交換できないことになりました。戦後は本格的な固定相場制がスタート。円は軍用交換レートとして昭和20(1945)1ドル15円、1948年に270円と設定されました。その後、日本経済の自立化と国際化を進めるために財政経済政策が始まり、通貨を安定させるために1ドル360円いうレートが定められました。「円が360度だから360円」になったという説もありますが、真実かどうかはわかりません。

1ドル360円の時代は長く続き、日本の経済成長を支える要因にもなりました。しかし1971年にドルと金が交換停止されるという大事件が起こり、円高・ドル安へと向かうことになります。1973年には外貨の売買は変動相場で行われるようになり、少しずつ円高が進んでいきました。

紹介サイト:金融リテラシー.COM | 上質なコンテンツを集めた投資学習ナビ