ドル

現在、日本の金利は非常に低くなっているため、銀行にお金を預けていても増えることはほとんどありません。しかし、他の国でもこのような低金利というわけではありません。むしろ、ここまで金利が低い国は日本以外にないと言っても良いかもしれません。基本的に、海外の方が日本よりも金利は高いと思います。

ドルなどの外貨で預金することを「外貨預金」と呼びますが、金利の低い日本の銀行ではなく、金利が高い外貨に魅力を感じて「外貨預金」をする人が増えているそうです。外貨預金の方法がそれほど難しくないことも、人気の理由の一つとなっています。

簡単に説明すると、外貨預金は銀行に行って、円をドルなどの外貨に両替してその外貨を預金するというものです。ただし、外貨預金は銀行に手数料を取られるという特徴があります。円をドルに両替する場合は、1ドルあたり1円の手数料を設定している銀行が多いようです。たとえば、為替相場が1ドルの時に外貨預金をするのであれば、1ドルl00円の場合は101円が必要になるということです。

外貨でお金を預けるのをやめるときは、ドルを円に両替する必要があります。このときにも、やはり手数料が必要です。したがって、円と外貨の両替を頻繁に行うと、それだけ手数料が多くかかってしまうということです。

しかし、アメリカのほうが金利が高いため、ずっと預けていればその分、利息で儲けられるのではないかと考えると思います。しかし、円を他の外貨に両替するときは為替相場の変動によって儲かったり、損をしたりする「為替リスク」があるため注意しましょう。