チャートの読み方

チャートを読むときは、トレンドに注目することが大切です。「トレンドライン」を引いてみると、相場の動き方がよく見えてくると思います。証券会社が無償で提供している取引ソフトには、トレンドラインが使えるものもありますので確認してみましょう。


トレンドラインは高値を結んだ「上値抵抗線」と、安値を結んだ「下値支持線」から構成されます。また、それぞれの線に平行に引いた線を「チャンネルライン」といい、この線の間の部分を「チャンネル」といいます。相場とトレンドラインの関係は、トレンドラインが上向きの場合は上昇相場、トレンドラインが下向きの場合は下降相場、トレンドラインが水平の場合はボックス相場というようになっています。


基本的には下値支持線に近づいた時に外貨を買い、上値抵抗線に近づいてきたら売ることになります。また、チャンネルを上か下かに突き抜けている時は相場の転機でもありますので覚えておきましょう。


相場の動きを予測するためには、パターンを読むことも大切です。特に底入れ・天井を示すときに見られやすいチャートのパターンがあります。


底入れパターンとしては、一番目の底をつけ、その後さらに下落して踏みとどまり、再上昇したときに見られるものがあります。


天井パターンには、人の頭と肩のような形のパターンがあります。左右対称になっている場合は、特に信頼できるパターンだと思います。


ヘッドの一番下の部分を結んだネックラインが相場を下回ったとき、そこからヘッドとネックラインの幅と同じ幅の位置が下値メドになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です