FXの確定申告

FXでも受けを得た場合、税金はどういった形で納めることになるのでしょうか。FXで稼いだお金は「雑所得」の扱いとなり課税の対象です。雑所得について説明すると、これは年金などの公的年金、非営業用貸金の利子、著述業以外の人が受ける稿料や印税、講演料などのことを指します。別の言い方をすると、雑所得は給与所得、利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得といった「9種類の所得に当てはまらないもの」であるとも言えます。そして、FXで稼いだ利益はこの「9種類の所得に当てはまらないもの」に当たるということです。

雑所得の大きな特徴は、すべてまとめて計算する点にあります。ただし、FXで損失が出て雑所得全体がマイナスになっても「9種類の所得」と合算することは不可能ですので覚えておいてください。

これらをすべて合算した収入金額から必要経費を差し引いた金額が10万円以上になると確定申告をしなければなりません。FXにおいての必要経費は、為替手数料や勉強のための書籍代、インターネットプロバイダーなどの通信費などです。取引以外に利用している場合などは経費として認められないこともありますが、その他筆記具など消耗品代などが申請できるそうです。FXの確定申告に限らず、領収書はきちんと整理しておくことが大切です。確定申告について不明なことがあるようでしたら、国税庁のホームページを確認しておくと良いと思います。申告書のダウンロードサービスもあるようです。